銀座8丁目の

ランドマーク

ついに書籍化

好評発売中

銀座の空に浮かぶ

140個の真っ白な箱

「カプセル

そのひとつひとつで

今日もまた、

新しい物語が

紡ぎ出されてい

高度経済成長期の1972年、鬼才・黒川紀章が銀座の空に描いた夢「中銀カプセルタワービル」。ツインタワーのそれぞれに「カプセル」と呼ばれる直方体の部屋を取り付けた斬新な構造は、建築ファンのみならず、道行く市井の人びとを魅了してやみません。近年では、ホワイトキューブや円窓に象徴されるレトロフューチャー感がクリエイティブな感性を刺激してか、新たに入居を希望する若い住人も増加の一途をたどっています。

『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟』は、この中銀カプセルタワービルを単体で扱った本邦初の書籍です。

本書は、中銀カプセルタワービルのたてものとしての魅力や、狭小空間を活用する住人たちの記録をなぞることでその価値を再確認・再発信する「ビジュアルファンブック」であると同時に、この名建築を未来へ残していくための「提案書」といえるものです。

 

※出版にあたって発生する印税は、

 全額、中銀カプセルタワーの

 保存と再生のために使用されます。

〔書籍概要〕

【書  名】中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟

【編  著】中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト

【発  行】株式会社青月社

【仕  様】A4変形判/ソフトカバー/128ページ/オールカラー

【 発 行 日】2015年10月31日

【問合せ先】株式会社青月社

      TEL : 03-5833-8622、FAX : 03-5833-8664

      MAIL : info@seigetsusha.co.jp

 

注文フォーム

必須

必須

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

必須

必須

必須

必須

必須

《お支払い方法》

書籍と一緒に払込用紙を同封してお送りいたします。

到着後、郵便局・コンビニエンスストアなどでお支払いください。送料・手数料はかかりません。

《価格》

本体価格 2,000円+消費税(送料・手数料無料)